AX
<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【iPhone】iOS5 beta4 を触ってみた
beta3 に続いて beta4 がリリースされました!
大体15日に一回くらいのペースでバージョンアップされていますね。
秋までにバグが全部なくなるはずなんですが、まだ結構バグってるよ!?( ̄∇ ̄;)

んで、さっそく beta4 へバージョンアップ!
今回はいつもと違って Developer Center (通称 デブ専)にログインして そんで
iOS のダウンロード そんで iTunes のダウンロード そんでそれぞれインストールして
そんで ・・・。っていう面倒な手間がなくなりました。

iOS5 beta3 の機能ということになるのかな? iOSのバージョンアップにPCは不要になりました。
On The Air(OTA)の機能により、iPhone、iPad単体でバージョンアップできます。

私の場合は 充電している間に iTunes が勝手にiOS5 beta4 のダウンロードと同期をしてくれたみたいで
朝 家を出てからiPhoneをいじってみると 新しいiOSがあるよ! のメッセージが表示されていました。
アップデータのファイルサイズは130MB。
これをモバイル回線でダウンロードしようと思うとかなり時間がかかると思いますが、
私の場合は充電の間にダウンロードし終わっていたので、インストールの作業のみ。

家を出てから駅に向かう途中でインストールをしてみました。
作業は画面に表示される内容を読んで「OK」をするだけです。

以下にインストール内容のまとめ。

□ iPhone 3GS iOS5 beta3 -> iPhone 3GS iOS5 beta4
ファイルサイズ :約130MB
インストール時間:約12分(ファイル展開:約5分、本処理:約5分、その他:約2分)
バッテリー   :100% -> 96%

インストール中は作業できません。まぁ、OSのアップデートなので当たり前ですけど。
バッテリーはインストールが終わった後 確認すると96%でしたが、
そのあとしばらくすると95、94といつもより早く減っていったような気がするので、
実際はもっと消費しているかもしれません。
ちなみにバッテリー残量が50%以上ないとアップデートの処理は行えないようになっているそうです。
あと、自分のiPhoneは使い始めて1年と7ヶ月経っています。それなりに酷使しているのでバッテリーも
それなりにへたっていると考えていいと思います。


つづいて 肝心の beta4 の具合について。

相変わらずショートカットの機能はバグっていて日本語じゃ使えない状態。
beta3 からそうだったのかもしれないけど、着信履歴の個別削除が可能になっていました。
自分は特に必要だとはあまり思っていなかったのですが、結構要望があったみたいなので
嬉しい人も多いのでは。
あとは動作が軽くなったような気がします。
他は自分の知らないところのバグが直ったんでしょうね。あまり変わった様子がない。。。
[PR]
by manodeldio | 2011-07-28 20:39 | Apple(Macintosh)
【iPhone】iOS5 beta3 を触ってみた
なかなか多くのバグをかかえる iOS5 beta 。
今回でバージョン3つ目です。

beta2 では日本語入力のバグがありました。
で、今回のbeta3 で直ったかと言うと。。。直っていません。(==;

相変わらず ショートカット(ユーザ辞書)の機能を使おうとするとバグります。
でも、フリック入力でア列(アカサタナ …)の同じ文字を連続で素早く入力できなかった不具合は直りました。

※ 例えば、「かかし」と入力する場合、「か」、「←(き)か」、「し」とフリック入力する。

iOS5 beta3 から SMSでのカスタム着信音が利用可能になったらしいが、興味なし。
写真の編集機能が追加されたのはbeta2からだったのかな?
気づけば写真の編集の機能が3GS+iOS5でも使えるようになっていました。
機能は撮影した写真を補正する程度の必要最低限のもの。ドローイングソフトのような機能ではありません。

写真編集機能でできることは4つ。
・回転
 ローテーション機能。写真を90度単位でぐるぐる回せます。
・自動補正
 コントラストの調整などの一括補正。
・赤目修正
 目が赤くなった写真を修整する。写真から目を選択してあげる必要があります。
・切り取り
 トリミング機能。縦横の比率を選択して切り取るオプションもありました。


iOS5になってメモリを多く使っているっぽいですね。
CAVEのデススマイルズってゲームの体験版を遊ぼうとダウンロードしてみたんですけど、すぐ落ちる。やっぱり3GSではギリギリだなぁー。(^^;
[PR]
by manodeldio | 2011-07-15 14:21 | Apple(Macintosh)
【iPhone】iOS5 beta2 バグ回避
前回の記事 【iPhone】iOS5 beta2 を触ってみた にコメントをくれたdeodogさんからすばらしい情報が!!

iOS5 beta2 で発症してしまう日本語のフリック入力のバグの回避方法を教えていただきました。

どうも iOS5 になって今まで「ユーザ辞書」として扱われていたものが「ショートカット」というものになって少し挙動が変わったみたい。
「ユーザ辞書」は日本語用だったのかな?「ショートカット」で英語にも対応したということだろうか。
たしかに、「ショートカット」に英語を登録して、英語のキーボードで該当文字列を入力すると予測変換候補に出てきた。英語を使う人にとってはなかなか便利そう。

d0059114_21514594.jpg

tyを入力した後 スペースバーで決定される。

で バグの回避方法ですが、「ユーザ辞書」改めて「ショートカット」に登録されたデータを全部消す。というもの。
ユーザ辞書をたくさん登録されている人にとっては できれば避けたいところだと思いますが、
幸いにも私の場合は顔文字くらいしか登録していなかったので迷わず消去!
無事 直りました! deodogさん本当にありがとうございます!

ちなみに直したあといろいろ試してみたところ、バグの発現条件は「ショートカット」に登録された
文字列を入力する。だと思います。

わたしの場合は顔文字を登録していました。
皆さんご存知のように顔文字の登録には「☻」を読みとして設定して
漢字に当る部分に実際の顔文字を設定し 登録する。
するとフリック入力のとき表示される左下の「顔文字ボタン」を押して一覧される顔文字に読みを「☻」で登録した文字列が含まれるようになるのですが、
この「☻」が「顔文字ボタン」と等しいものらしく「顔文字ボタン( = 濁点・半濁点・小文字ボタン)」を押すとバグる。
試しに「かお」を読みとして、「(´・ω・` )」を漢字として登録してみたら、「かお」を入力した時点で「お」だけが画面に表示され、変換がバグりました。

なので、どうしてもこのバグった iOS5 beta2 で辞書を使いたい場合は、普通では絶対に入力しない文字列を読み(ショートカット)として登録しないと使えないようです。
やり方としては英語の入力で「@@@」を読みにするとかでしょうか。
[PR]
by manodeldio | 2011-07-03 21:57 | Apple(Macintosh)