AX
【アプリ】MacからWindowsに送るZipファイル
家ではMac。会社はWindows。
Macユーザの大半はそう言う人なんじゃないだろうか。

そこでどうしてもファイルのやりとりが発生すると思う。
先日、わたしの仕事でも会社とファイルのやりとりすることがあった。

MacとWIndowsでファイルのやりとりをする際に問題になってくるのは文字化けの問題である。
今回はその中でもZipファイルでのやりとりの問題について。

OSX以前のMacではOSで使われる文字コードはWindowsと同じShiftJISだったはずなので機種依存文字や、特別に文字コードを変えない限り文字化けは起こらなかったと思う。それはZipファイルでも言えることである。
しかし、MacがOSXになり、UNIXベースとなってからOSで使われる文字がUTF8になった。そうなるとWindowsにファイルを送った場合、文字化けが発生するのだ。

単純に圧縮しないファイルを送る場合、OSの文字コードそのままでWindowsへファイルを送信してしまうと、MacではUTF8、WindowsではShiftJISの文字コードを扱うことになり、文字コードの不一致により文字化けする。
これを修正する方法はなかなか無い。

そこで、送信したいファイルをZipなどで書庫に送る。
そうすれば、ファイルを解凍したときに文字が化けてない状態で解凍される。

そう思ったんですけどね。なんか失敗。
原因は簡単なことで圧縮する時もMac標準のアーカイバではUTF8のまま圧縮していたのです。

lzhだと文字コードがShiftJISになるらしく、こちらで圧縮すれば文字化けすること無くファイルのやりとりができるようになります。
でも、lzhってWindows標準じゃ解凍できないし、会社の場合なんか自由にアプリケーションをインストールすることができなかったりするのでできればZipにしたいところ。

いろいろ探してみるとありました。ファイルをZipに圧縮するときに文字コードをShiftJISにしてくれるソフト。しかもおまけにMacのフォルダ情報である.DS_Storeも削除してくれる。










Windowsで文字化けしないzipを作るAppleScriptというアプリである。
AppleScriptをアプリとして使っているだけなのだが、これで全ての問題解決!

使い方は簡単。ドラッグ&ドロップで終了。
convmvっていうコマンドツールが必要なのでそれは別途インストールする必要があることに注意。

ちなみに自分はconvmvをアプリケーション配下に入れるのが嫌だったので、AppleScriptを改変してコマンドパス配下をみてconvmvを使うように変更。
何を言っているのかわからない人はあまり気にしなくても良いけど、やったことは以下の通り。

root権限でログイン。
Finderで「Command+Shift+G」って押して「/usr/bin/」と入力。
表示されたフォルダ(ディレクトリ)にconvmvを放り込む。

あとは、私が改変したAppleScriptを使う。

ダウンロード

改変自由で配布も自由なので掲載。
今の状態じゃ処理が遅いので(ディスクイメージを作成しているせい)、後で改良したいと思う。
[PR]
by manodeldio | 2008-08-13 07:22 | Apple(Macintosh)


<< 【MicroSoft Offi... VIPPERになりました >>