AX
【DashBoard】Widget開発
Mac OSX 10.4 Tigerから使えるようになったDashBoardを作ってみようと色々調べてみました。DashBoardってウィジェットとか呼ばれている画面上に浮いてるようなアプリね。(説明しづらい;;)


LeopardになってDashcodeというDashBoardを開発するためのアプリケーションがAppleから提供されている。それをちょっといじってみたんだけど、ちょっと慣れが必要そうです。




WidgetはTigerやLeopardでみると一見アプリケーションに見えますが、
実はただのディレクトリなんです。

(おそらく)WIndowsやそれ以前のMacでみるとただのディレクトリなのでフォルダのアイコンで表示されると思うんですよね。

で、フォルダの構造は例えば以下の通り。

HelloWorld.wdgt -- アプリケーションに見えるフォルダ名
┣ Icon.png -- DashBoardの一覧画面で表示されるアイコン画像
┣ Default.png -- DashBoardを起動したときに初期表示に使われる画像
┣ Info.plist -- アプリケーション情報
┣ HelloWorld.html -- 本体
┣ HelloWorld.js -- ロジック(機能)
┗ HelloWorld.css -- デザイン

下の3つはただのHTMLです。ホームページ作りと同じ。
これだけでブラウザでできるような簡単な機能であればすぐに作れます。
Dashcodeなんて使わなくても作れます。(Info.plistは他のウィジェットからコピペしていじる)

Dashcodeを使うことでDashboardに合わせたインターフェース、デザインのボタン、テキストボックスなどが使えるようになったり、Dashboard向けのJavascriptが使えるようになったりと多機能なものを作れるようになります。


今は特別に作りたいものがない。なんかいいアイデアないかな?
誰かアイデアくれません?(^^;
[PR]
by manodeldio | 2008-04-12 08:09 | プログラミング


<< 【お店】Laox吉祥寺店 【WEB】CSS3 - リサイ... >>