AX
【iPhone】ホーム画面アイコン作成アプリの仕組み
巷で話題になっているiPhoneのホーム画面にアイコンを作成するアプリ。
無料アプリだとaHomeIconとか。
有料アプリだとTouch Icon Creatorとか。

なんで急に話題に上がり始めたかというと、
iOS5になってiPhoneの設定画面を簡単に表示する方法ができたからである。
その方法を利用するための手助けになるのが先述したアプリになる。

で、その方法とはスキームを使った画面の遷移なんだが、
iOSには元々スキームと呼ばれるアプリを呼び出すための仕組みがある。
一番身近な例だとiTunesなんかがそう。
iTunesの場合だと "itunes://"というスキームが関連づけされており、その後ろに特定の
「指示」を記述することでiTunes上で任意のアプリや曲の画面を表示できたりする。
Web上でアプリの紹介リンクを押してiTunesが起動したとか言う経験はないだろうか?
それはこのスキームによるものということになる。

そんなわけで今回は iOS5 になったことでiPhoneの設定画面にスキームが関連づけされ
簡単に素早く設定画面を表示できるようになった。
例えば、Bluetoothの機能をオン/オフしようと思ったら
今までだと
  1. 「設定」アイコンをタッチ
  2. 「一般」の項目をタッチ
  3. 「Bluetooth」の項目をタッチ
  4. オン/オフを切り替え

という手順が必要だった。
それがスキームを使うことで
  1. スキームを使ったアイコンをタッチ
  2. オン/オフを切り替え

の手順で済むようになる。
まぁ、たかだか2STEP省略できるという話なんですが、頻繁に切り替えを行う人にとっては
すごく便利になったはずです。

私もさっそく利用しようと思い、アプリをダウンロード。
無料のaHomeIconを使ってみました。
このアプリは好きな画像をアイコンとして作成でき、画像の拡大縮小、光沢の有無の選択できました。
他には標準でいくつかのスキームの入力画面が用意されていて、スキームに詳しくなくても簡単に
便利なホーム画面アイコンを作成できるようになっていました。

無料の割にはなかなか高機能なアプリでしたが、このアプリには欠点がありました。
1つはアイコンをタッチしたあと、一瞬ですが、アプリが起動するというもの。
2つ目はアプリを削除してしまうと作成したアイコンは動かなくなってしまうというもの。
1つ目で、このアプリで作成したアイコンがアプリ経由で動作することがわかるので
アプリを削除すると動かなくなるのは当然と言えば当然ですが、結構致命的だと思いました。

ちなみに有料のものはこれらの欠点は全て解消されているとかいないとか。
(私は有料アプリを購入していないので知りません。申し訳ない。。。)

そんなわけで無料アプリの機能じゃ不満な自分は、仕組みが単純だったので自作することにしました。
しかも、ほんと単純な仕組みなのでiPhoneアプリの開発ではなく、Webサービスで作成。
自分が使う分には困らない程度に作ったので少々わかりづらいかもしれませんが、
せっかく作ったのでリンクを貼っておきます。(excite blogだとjavascriptが使えないので外部サイト)

ホームアイコン作成
(※ iPhoneで使うこと前提です。PCで使っても意味がありません。)

■ 使い方の説明
プレイスホルダーに「名前」と書いてある項目には
ホーム画面に作成するアイコンに付ける名前を記入してください。長過ぎると途切れます。

プレイスホルダーに「スキーム」と書いてある項目には
作成するアイコンをタッチした時に呼び出すスキームを記入してください。
すぐ下のプルダウンリストにスキームの一覧があるのでそちらから選択しても良いです。

プレイスホルダーに「http://から始まる画像のURL」と書いてある項目には
アイコンに使用する画像のURLを記入してください。iPhoneのアルバム内の画像の選択はできません。
アルバム内の画像を使用したい場合は、どこから適当なアップローダを探してアップロードを
行ってからそこのURLを記入してください。
手持ちにいい画像がない方は画像のサンプルを一緒に上げておいたのでそちらを使ってください。

-----
2011/11/14 追記
aHomeIconが有料になってました。(85円)


[PR]
by manodeldio | 2011-11-14 02:18 | Apple(Macintosh)


<< 【Apple】AppleIDが... 【HTML/CSS】エキサイト... >>