AX
【iPhone】カメラの位置情報について
iPhoneにはGPSが付いていて、撮影した写真に自動的に撮影した場所の情報を付加してくれる機能がある。
専門用語を使って説明するとExif情報と呼ばれるタグが作成される。
あとでアルバムを確認すると撮影地にピンが立っている地図とか確認できて楽しいのだが、
勝手に設定されてしまうが故 迂闊にその画像をネット上にアップロードしてしまうと
どこで撮った写真なのかバレバレだったりするのである。
それが例えば自宅で撮影した写真だったりすると。。。女性の方は特に気をつけた方が良いと思います。

で、対処方法としてはそもそも位置情報を写真に埋め込んでくれる機能を停止してしまう方法と、
撮った写真から位置情報を削除してしまう方法とある。





まず、一つ目
写真に位置情報を埋め込む機能をオフにする方法。
写真系アプリなど位置情報を利用するアプリは起動時に位置情報を利用しいいかを確認するダイアログが表示されます。

以下がその例。
d0059114_1815514.jpg


この警告画面でユーザは位置情報を利用するか選択できるのだが、
この警告画面は初回起動の一回しか表示されない。
あとで変更したい場合は設定画面から変える必要がある。
意外と知られていないようなのでスクリーンショトを載せておきます。

d0059114_18212632.jpg

d0059114_18214764.jpg

d0059114_1822428.jpg


2つ目が撮った画像から位置情報を削除する方法。
iPhoneにはたくさんのアプリがあるので探せば 位置情報を編集・削除できるアプリはあるが、
実はアプリを使わなくても簡単に削除する方法がある。
撮影した写真を保存し直す。それだけ。念のためにPNGに保存するといいかも。
PNGはExifを持つことができないからである(たしか。。。)。

で、iPhoneで写真を保存し直す方法はスクリーンショットが一番簡単だと思う。
iPhoneには隠しコマンドみたいなものがあって、スリープボタン(iPhone右上のボタン)と
ホームボタン(iPhone下部中央の□が描かれているボタン)を同時に押すとスクリーンショットが撮れる。
同時と言ってもせーので押さなくても大丈夫です。
スリープボタン押しながら、ホームボタン。もしくはその逆でも大丈夫です。

スクリーンショットを撮る際は カメラの時と同様、シャッター音がなりますので注意してください。
撮ったスクリーンショットは普通の写真と同様に「写真」から確認できます。
ちなみにスクリーンショットはPNGで保存されます。


ブログに自宅で撮影したペットの写真を上げている人とか結構いるけど、気をつけて!
iPhoneでなくても最近の携帯電話はGPS付いているものがあるので写真に位置情報が付いているかもしれません!
[PR]
by manodeldio | 2010-09-12 18:38 | Apple(Macintosh)


<< 【iPhone】Interfa... 【iPhone】オススメ?定番... >>